FC2ブログ
ながの歯科医院 長野由子ですトールローズ

日中は汗ばむほど 気温が上がり、随分と 日も長くなってきましたね。

久しぶりに、amazonで数冊の本を取り寄せて 読んでみました。

◆葉桜の季節に君を想うということ
葉桜の季節に

「面白いから読んでみて!」と、友人に薦められた本です。
帯には、日本推理作家協会賞受賞、ミステリ大賞受賞作とあります。

読んでみて、最初の印象は、「どこがミステリー?」
どちらかと言うと、ハードボイルド風な人物が主人公です。
それにしても、登場人物が多い!
章が変わる度に 人物が増えていきます。

そして、時制の不一致!
過去に遡った回想シーンだったり、現在に戻ったり・・。
(これこそが、ラストの大ドンデン返しに繋がるのですが)
なかなか集中力の続かない私は、ちょっとイライラ。

最後まで 読んで、
「これは、なんなんだろう?」
すぐには ピンと来ませんでした。

しばらくしてから、
「もしかして・・・、ひょっとして・・・、あ~そうか!!」

ネタバラシになるので詳細は書けませんが、
いかに”思い込みの世界”の中で生きているかという事に気付きました。

「葉桜の季節に・・・」というロマンチックな題名にも 納得。

◆ホームレス中学生
ホームレス中学生

話題作です。
小6の長女が読みたいというので 本屋を探したのですが、
中津の本屋では入荷待ち状態でした(やっぱり売れてるんですね)。
amazonで すぐ手に入りました(便利~)

すぐ読めます。 一気に読めます。
って、内容が あんまりないんですよね。
大体のあらすじは、テレビで 何度も流されていますし、
事実のみが 淡々と語られています。
私には、ちょっと物足りなかったです。

悲しい体験を ”お涙頂戴物語”にせず、書き綴っているだけ、という所が
かえって いいのかもしれませんが・・・。

◆できるかな
できるかな

西原理恵子のシリーズ本です。

著者とは、ほぼ同年齢。
年代的に、高知の帯屋町あたりで遭遇している筈なので 親近感があり、
元ダンナ様の故 鴨志田さん、ゲッツ板谷、との共著シリーズも
あまりの馬鹿馬鹿しさに つい買ってしまいます。

感想は、一言。

  西原理恵子は 天才です!!

  よって、凡人の私には、絶対に できませ~ん!!


2008.04.30 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |

本

年末から最近にかけて私が読んだ本です。
その他にも歯科の情報雑誌は、寝るときに睡眠薬代わりにいろいろ読み漁っています。
とにかく最新の情報を常に仕入れるように心がけています。

2008.01.15 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |

学ぶ心さえあれば、万物すべてわが師である。
語らぬ石、流れる雲、つまりはこの広い宇宙、
この人間の長い歴史、
どんなに小さいことにでも、
どんなに古いことにでも、
宇宙の摂理、自然の理法がひそかに脈づいているのである。
そしてまた、人間の尊い知恵と体験がにじんでいるのである。
これらのすべてに学びたい。

かの有名な松下幸之助さんの言葉だそうです。

単純な私は、なるほどと感心しましたが、自己啓発って難しいよね。
理念、哲学が大事ってことか。
凡人の私が偉人から学んだ言葉を紹介しました。

2007.11.03 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ながの歯科医院 長野由子です。花

読書の秋です。

老眼が始まってから、以前と比べて 本を読むのが億劫になっていたのですが、セミナーへの移動時間を利用して数冊読破しました。

最近読んだ本での”一押し”は、こちらBrilliant
dekiruhito.jpg

帯には「どんな試験も合格する!」と書いてあります。
別に、試験受ける訳では ないんですけどね。

「いつか~をやってみたい」というのは、誰でも思った事あるとは思うのですが、これは「永遠にやらない」というのと同義語だそうです。
最初の一歩を踏み出す為には、今までの自分の行動範囲から飛び出して(off the beaten track)、
「とりあえず、やってみる!(try everything once)」。

その他にも、時間対効果・能率のアップの仕方、継続や集中力の重要性等、当たり前の事ですが、明解に記してあります。

うーん。学生時代にこの本を読んでいたら、勉強での苦労が もうちょっと少なくて済んだかも・・落ち込み

でも、これからの人生も 日々勉強です。
「継続は力なり」を信じて、頑張りますLOVE


他には、
「椿姫」(浅田次郎著)
「こんな女房に誰がした」(綾小路きみまろ著)
「けっこん・せんか」(壇ふみ 阿川佐和子 共著)

空港の売店での購入なので 選択の余地なく、タレント本が多かったですね。
でも気軽に読めて、気分転換になるので○。
一人でニヤニヤしてしまうのが×。



2007.10.13 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ながの歯科医院 長野由子です。トールローズ

年のせいか?診療で使用している拡大鏡のせいか? 老眼がどんどん進行しています。
その為、趣味の読書も滞りがち・・。
先日、ついに諦めて、老眼鏡を作りました。

すると・・、
「見えます。見えます。はーと3つ」「読めます。読めます。アップロードファイル

で、やっと購入しました。友人推薦図書。

村上龍著 「盾・SHIELD(シールド)」
shield.jpg


コジマとキジマの成長物語。
page.jpg


私達の心の中や精神の中心部分は傷つきやすく、常に色々な手段で守っています。その守るための手段を「盾・シールド」という言葉で象徴し、自分はどんな盾を持って生きてきたのか、これから どんな盾を持って生きて行こうとしているのか?
二人の少年の成長過程における成功と挫折を通じて、「盾・シールド」について考える事が出来ます。

自分の「盾」が本当に価値のあるものなのか、これからの人生で どういう「盾」を求めていくべきなのか。
すぐ手に入る「盾」がベストなのか、時間をかけて「盾」を築くべきなのか。

絵本ですが、大人が読んでも、自分の人生に重ね合わせ、色々と考えさせられる本でした。
子供達にも 是非 読ませたい本です。

老眼も少し克服できたようなので、お薦めの本があれば、また教えて下さいね~sc06





2007.06.12 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |