20060930.jpg

本日K-1グランプリ開幕戦。

私的には内容、全般的に低調。メインのバンナとホンマン戦も
いまいち。プロレスが衰退期の今、プライドとともにK-1が

格闘技界を盛り上げて欲しいと思います。
スポンサーサイト

2006.09.30 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060929.jpg

北大観光由布見台農園http://www3.coara.or.jp/~ajmkk/hokudaikumada.htm

私の伯父が経営している農園です。
場所は大分農業公園インターから降りてすぐです。(高速道路から見えます)

安心院では一番大きな農園で、今の季節は週末、大型観光バスが
結構きています。

フルーツ狩りのあと、バーベキューも楽しめます。
今の季節、お勧めです。

2006.09.29 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060928.jpg

大分県選出の岩屋毅代議士が、今回外務副大臣に就任することになりました。

岩屋先生とは、彼が選挙落選中、中津JCで知り合いになってから
ずっと彼を応援しています。(彼、けっこう苦労人です。)

昨年の選挙では、私も応援で選挙カーに乗りました。
これから国政のためにますます頑張ってね。岩屋先生。


2006.09.28 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ながの歯科医院 長野由子です。

20060927-1.jpg

安倍内閣が組閣され、組閣人事が発表されました。

政治的な事には、ほとんど興味のない私ですが、先日来”論功行賞枠”として 山本有二議員の名前が挙がっていたので ちょっと気になっていました。山本有二議員は、私の母校の先輩にあたるのです。

20060927-2.jpg


金融・再チャレンジ担当大臣でした。

金融はともかく、「再チャレンジ」って一体何を担当する大臣なんでしょうか?解り易い言葉のようで ???…。「先輩~、勉強不足な後輩ですみません!」って感じです。

もう1人、母校の先輩で 最近話題になってるお方。

直木賞作家、坂東眞砂子さん。

読書は好きなのですが、怖いのは苦手なので 『死国』『狗神』という作品の名前を見ただけで 敬遠してしまい 坂東作品は ほとんど読んでいません。

唯一 読んだことのある坂東作品がこれ。

20060927-3.jpg


彼女の自伝にあたるもので 学生時代の様子なんかを記してあったので 思わず購入した本です。

読んで思ったのは、「暗い…。」

彼女の人生 暗いだけでなく、それなりに楽しい時もあった筈なのに いつも斜に構えた見方で まるで第三者かのように分析しているんですね。でも こういう見方が出来る人だからこそ、稀有な才能を持った作家として成功しているんだとも思います。

今回の”猫殺し”論争については、敢えてコメントしませんが、坂東さんには 独特の死生観があるように感じられます。だからと言って、猫を殺していいとは思いませんが、『わたし』という作品の帯にも 「わたしは人を殺してきた。祖母を、父を、母を、そしてすべての人を。」と書いてあります。

彼女は、愛する者を 殺してしまうのです。彼女の中では 生きてる者は死んでいるし、死んだ者は生きているんです。

わたしは自分が憎い。わたしのやることなすこと、阿呆みたいで、腹立たしく、悔しくなる。(「わたし」より抜粋)

自傷行為をする事によって 血を流すことによって、自分の苦痛とひとつになれる“カッター” であるのかもしれない(精神的な意味で)、とも書いています。

「猫殺し」をエッセイに書くこと、それが 自分の傷口に塩を塗るような行為になることも 解っていながら書いてしまった気がします。

ただ、世論を巻き込んで こんな大騒動になると想像していたかどうかは不明ですが…?

タヒチ在住の坂東先輩! 日本では 出る杭はガンガン打たれちゃうんですよ~。


2006.09.27 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060926.jpg

私的にはみのもんた好きです。今夜「さしのみ」最終回。ゲストは石原慎太郎。ちょっと話が硬かったねえ。桃井かおりや白鵬のときはゲストと司会者お互いグイグイ酒をあおっていました。酒を飲んでの本音トーク、私は好きです。当然テレビを見ている私も飲んででますけど。。。。この番組いつか復活してほしいものです。


2006.09.26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060925.jpg

私の趣味?でBRIOを毎月定期購読しています。この本、いろんな意味で自分磨きの参考になります。

2006.09.25 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ながの歯科医院 長野由子です。

20060924-1.jpg

お彼岸ですので お墓参りに行った後、豊後高田市にある「昭和の町」に寄ってみました。

駐車場には、大型バスがずらっと駐車していました。

20060924-2.jpg

「昭和の町」は、昭和30年代の町並みを再現しているそうです。懐かしい「昭和」が そこにはありました。

20060924-3.jpg
三輪車

20060924-4.jpg
アルミニウム食器

20060924-5.jpg
茶の間

20060924-6.jpg
ガリ版

20060924-7.jpg
電気屋ショーウィンドー

20060924-8.jpg
ガソリンスタンド

豊後高田の商店街が 見事に「昭和の町」に溶け込んでいました。

少年時代をこの町で過ごした主人も「ここには昔スーパーがあって、この道を自転車で通って…」と、感慨深い様子。

昭和の車に試乗するコーナーで お婆ちゃんを助手席に乗せて 嬉しそうに運転しているお爺ちゃんを発見。ほのぼの~。

平成生まれの子供達は、昭和の町並みより「駄菓子屋」の駄菓子に夢中。

昭和は遠くになりにけり…!?

2006.09.24 | 高知 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060923.jpg

ネットで面白い記事を見つけました。

 ▼安倍晋三官房長官=つくね(甘口タレで。子供や女性も大好き、ポピュラーな味)

 ▼福田康夫元官房長官=皮(塩で。じんわりと年輪を感じさせる、大人の味)

 ▼麻生太郎外相=レバー(辛口タレで。ややくせはあるものの、パワフルな味)

 ▼谷垣禎一財務相=ささみ(梅肉で。あっさりしながら、ぴりっと引き締まった味)

私、時々無性に焼き鳥が食べたくなるときがあります。
私の1押しは、レバーかな。

2006.09.23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

Q. フッ素配合歯磨き剤でも効果はありますか?
   どのように見分ければいいですか?

A. はい、効果はあります。
記載のないものもありますが、ほとんど「フッ化物入り」「フッ化物配合」などと書かれています。裏に書かれている薬用成分表示に”フッ化ナトリウム”、”モノフルオロリン酸ナトリウム″”フッ化第一スズ″などの記載があればフッ化物配合歯磨きです。

フッ化物濃度の高いものの方がムシ歯予防には効果的ですが、吐き出すことの出来ない乳幼児には濃度の低いものの方がお薦めです。

なお、歯磨き剤に含まれているフッ素含有量は、例え飲み込んでしまっても 安全性に問題ない濃度に定められていますので安心してお使い下さい。

2006.09.22 | Q&A | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060921-1.jpg

20060921-2.jpg

65歳、女性、平成18年4月20日初診。治療期間約5ヶ月。

初診時は、御覧のように大変な状況でした。
歯周内科、簡単な歯周外科を行い、右上前歯1本のみ抜歯しました。

上顎前歯部は固定式の被せ物、奥歯は部分入れ歯、下顎は総入れ歯にて修復しました。

20060921-3.jpg

20060921-4.jpg

全て保険の利く範囲の治療で行いました。

今後しっかりメンテナンスしていきたいと思います。

2006.09.21 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ながの歯科医院 長野由子です。

20060920-1.jpg

自民党総裁選、予想通り 安倍さんの圧勝でしたね。

20060920-2.jpg

午後3時頃に総裁選の結果が出る、と聞いていたので その瞬間を見ようと、テレビをつけたら「土佐の夏は熱いぜよ!よさこい祭り2006」という番組を放送していました。

「なぜ、今頃、よさこい??」

今日みたいな(総裁選のある)大事な日に、「よさこい」なんて放送してていいのかしら?見る人いるのかしら? テレビ大分の意図はわからないけど、とりあえず、「よさこい」放送してくれて ありがとさん!って感じです。

20060920-3.jpg

20060920-4.jpg

20060920-5.jpg

20060920-6.jpg

♪土佐の 高知のはりまや橋で 坊さん かんざし買うを見た

よさこい節の一節は あまりにも有名ですが、純信とお馬の悲恋を唄ったものであるという事は、意外と知られてないと思います。

♪言うたち いかんちや おらんくの池にゃ 塩吹く魚が泳ぎよる

個人的には、こちらの歌詞の方が 好きですね。大言壮語、いや、豪快な土佐人の特徴がよく出ていると思います(笑)。

安倍さんは、長州人ですので 純粋で情熱的な理想主義者ですね、きっと。理想ばかり追いかけて、現実に目を向けないのは困りますが、穏やかな性格の中にも 熱い情熱は 持ち続けて欲しいと思います。

安倍晋三著「美しい国へ」、読んでみようかな…。


2006.09.20 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060919.jpg

最終回見ました。ドラマの中で印象的なフレーズがありました。ヒロイン女医先生「あなたとは、今まで言葉のドッチボールをしていました、これからはキャッチボールをしてみたい。」何か痛いところつかれました。私も、?とキャッチボール心がけたいと思います。

2006.09.19 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

Q. さし歯と歯ぐきの境目が黒く 笑うと気になります

A. 前歯の差し歯には 大まかに分類すると以下のものがあります。

①硬質レジン前装冠(保険適用)
保険の範囲で出来る合成樹脂の白い前歯です。材質的には吸水性があるので 少しずつ着色し黄ばんだ感じになってきます。透明感もなくなってきます。保険で使える土台の金属の種類も指定されているので その金属の変色で歯ぐきの境目が黒くなってくるのも欠点の一つです。
ただし、お口の中の状態は個人差が大きく多少の変色を気にされなければ 十分満足される方もいらっしゃいます。

②セラミッククラウン(保険外)
セラミック(陶器)で出来ているので 当然 変色はありません。
土台になる金属も変色の少ない金属を使用しますので 硬質レジン前装冠に比べれば 歯ぐきの境目が黒くなるのは気になりません。
昔から 保険外と言えば この方法が最良の方法でしたので長く持っているケースもたくさんあります。
ただ、厳密にいうと 金属に裏打ちされているため強度的には問題ないのですが、縁は金属なので 歯ぐき付近がやや暗い感じになります。
これはあくまで 最近登場した「オールセラミック・クラウン」に比べての欠点で 歯ぐきのほんの少しの暗さ以外は美しさを保ちます。

③オールセラミック・クラウン(保険外)
オールセラミックス(全周セラミック)です。透明度や光沢感など見た目は天然歯と全く変わりません。
金属の裏打ちがないので 歯ぐき付近の暗さもありませんし、歯ぐきとの馴染みもいいように感じます。
以前は 強度的に少し心配だったのですが最近では材料の開発が進み 強度的にも問題なく信頼されています。
自分の身内に入れるとしたら、間違いなくこれを選びます。

以上のような材質の違いがあります。歯ぐきの黒ずみの原因が何であるかは、お口の中をみせていただかないと何とも言えませんが、被せ物の材質による物であるのなら 被せ直すのも一つの方法です。

その際、歯ぐきの状態に問題のある場合は、歯ぐきの状態の改善をしっかりして、ご自分でメインテナンスできるようになってから、という事もあります。

個々の歯を診る治療ではなく、お口全体をみた上で診査診断し、治療計画をたてさせていただきたいと思います。

2006.09.18 | Q&A | トラックバック(0) | コメント(0) |

現在午後9時半、台風13号キタキタ。

今回の台風、カゼがすごい。夜なので外の様子は
わからないけど、ゴーゴーという風の音と時折

トタンのはがれるような音、ガラスのビンが割れるような
音あり。

停電だけはどうか勘弁願いたい。
明日の朝の外掃除が大変そう。

2006.09.17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

超大型の台風13号が近づいている。不気味。

このままいくと大分上陸か?
台風といえば、1993年の台風はすごかった。

私がまだ勤務医時代で、当時のマンションが2日間停電で
自分たちの結婚式で使ったメモリアルキャンドルで2晩夜を過ごした記憶があります。

今日夕方、スーパーに行ったら、台風関連グッズで
カップラーメンやレトルトカレーが、品薄状態でした。

九州の人はこの時期、台風にはとても敏感です。
せっかくの連休も今週は自宅待機になりそうです。

明日はたまったデスクワークを片付けたいと思っています。

2006.09.16 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060915.jpg

今晩はいつも診療で私を助けてくれているスタッフのみんなに対して、感謝の意味をこめて食事会を開催しました。

スタッフのみんな、私も頑張りますので、明日からもよろしくね。

2006.09.15 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060914.jpg

今晩、子供と一緒にテレビチャンピオンの金魚すくい王選手権を見ました。その中でテニスラケツト大の枠に和紙を張り、3.5キロのニシキゴイをすくうコーナーがありました。あまりにもすさまじい企画に思わず声を失い、思わずテレビに見入ってしまいました。残念ながら、3人の挑戦者全員失敗しましたが、この企画を考えた番組スタッフに敬意を表します。


2006.09.14 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ながの歯科医院 長野由子です。

20060913-1.jpg

「人は見た目(外観)で判断しては いけません!」

小さい時から そう教えられて育ってきました。

…でも、本当のところは どうなのでしょうか? その教えを忠実に守っているのでしょうか?

心理学では、実は人間が伝達する情報の中で 話す言葉の内容そのものが占める比率は、7%に過ぎない、という研究結果が出ているそうです。つまり、我々は 言葉では、7%の情報しか受け取っていない、という事です。

極端に言えば「外見の威力」は それほど強力なのです。

20060913-2.jpg

言葉による伝達より、言葉以外の伝達の方が 伝達能力が高い、という事を この本の中では 色々な事例を挙げながら説明しています。

今 話題の自民党総裁選。安倍さんが人気ナンバー1ですが 政治力というよりは、世間的には やっぱり「見た目」ですよね? 麻生さんは 血筋や育ちの良さに加え、「漫画が趣味」と公言し 庶民のツボも押さえてるのに いまひとつ人気がないのは 「見た目」で損してるのではないか、と思ってしまいます(職業柄、話す時に 口元がゆがむのが どうも悪人顔に見えてしょうがありません。個人的には好きなんで 残念!)。

20060913-3.jpg

ハンカチ王子の斉藤君と 駒大苫小牧の田中君。田中君、やっぱり「見た目」で損してるかな~?(ゴジラ松井ほどの実力を伴うと、「見た目」は 多分 関係なくなるんでしょうが…。ガンバレ、田中君!)。

公判中のホリエモン。スーツ姿に大嫌いなネクタイまでしめてましたが、これも弁護士にアドバイスされて、との事。裁判官の心証を気にしてる? 「人は見た目」って事に 裁判になって初めて気付いたのかしら?

20060913-4.jpg

そういえば、今から15年前。結婚後、勤務していた歯科医院。そこは歯科医師が8名も居る大きな医院だったんですけど 女性歯科医は私1人。

「義歯(入れ歯)が痛い」と言って来られた お年寄りの患者さん。私が 何回 調整しても納得してくださらない。「これでいい筈なのに…、もう これ以上 削れないし…。」と、途方に暮れていました。

そこへ登場したのはベテラン院長。患者さんに優しい言葉をかけつつ、義歯(入れ歯)をどこかに持って行き おもむろに患者さんの口の中へ。

その瞬間、患者さんの顔がパッと明るくなり、「院長先生、ありがとうごさいました。これで よくなりました。」

院長がした治療とは、…義歯を水で洗っただけ…、でした。

『歯科医も見た目が9割!?』(涙)

2006.09.13 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060912.jpg
9月1日より、国際歯周内科学研究会に入会しました。私は全国で998番目の会員になりました。歯周内科というのは、歯周病を顕微鏡を使い、原因になるカビや歯周病細菌を特定し、薬を使って治していく治療です。もし歯周病でお悩みの方は是非御相談ください。


2006.09.12 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ながの歯科医院 長野由子です。

20060911-1.jpg

今日は 嬉しい”お別れ”がありました。

当院で矯正治療を継続してこられたYちゃん(現在中2)。夏休みに ブラケット撤去し、本日1ヶ月後のチェックと 前回撮影した写真を お渡ししました。

20060911-2.jpg

当院では 子供さんの矯正治療は、歯や顎の異常を見つけた段階で 正しい位置に誘導する「歯列育形成」を目標にしているので 長期間のお付き合いになります。

ほとんどの患者さんが 最初の”歯並び”を、忘れてしまいます。治療開始時の写真を見せてあげると、「私、こんなに 変な”歯並び”だったんだ~」と ビックリします。

20060911-3.jpg
治療前(before)→治療後(after)

Yちゃんは、「下の前歯が上の歯ぐきに くい込んで痛い」というのが主訴。一見 大きな異常はないように見えますが、正面から見た時に 下の歯がほとんど見えない「過蓋咬合」で 横顔は 上の前歯が突出した感じでした。

一次治療(取り外しの装置、歯の裏側の見えない装置を使って 永久歯列になるまでの咬合誘導)に3年、二次治療(永久歯列になってからのブラケットによる仕上げ)に1年、計4年かかりましたが 綺麗な歯並びと素敵な笑顔の少女になりました。もし、経過観察していただけなら 前突感はさらにひどくなり、治療の為には 上顎の抜歯が必要になる確率が高かった事でしょう。今後も 定期検診は 続きますが、ひとまず 矯正終了です。

治療が終了する時は 一番嬉しい時ですが、今まで 毎月会っていたので ちょっと寂しいような気もします。また、部活の話を聞かせてね、Yちゃん。

偶然ですが、Yちゃんと入れ替わりに、本日より Mちゃん(小6)が矯正開始。大臼歯のバンドの準備をしました。永久歯列になってからの矯正なので 運動会が終わるのを待って ブラケット装着予定です。

Mちゃん、最初は大変だけど がんばろうね。

2006.09.11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060910.jpg

当院では週刊新潮を待合室用に定期購読しています。その週刊誌の中でいつも私が最初に読むコラムがあります。それは「私の週刊食卓日記」です。文字通り有名人が1週間に食べたものの記録です。これを読むと、やっぱあのタレント酒飲みやったやとか、結構節制した食生活してるなあ。。とか、有名人の秘密の部分が知れて、なんか好きです。

2006.09.10 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060909.jpg

昨日、自民党総裁選が公示されました。大方の予想では、安部官房長官が、圧倒的に有利みたいですが。。。私のところにも党員の投票用紙が届きました。3人の候補者の政権公約を良く聞いて、投票したいと思います。

2006.09.09 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20060908.jpg

皆さん、ご存知だと思いますが、10月より、医療機関での会計の時に、明細付きの領収書の発行が義務化されます。当院では今月はじめから明細付き領収書を発行しています。

今までのレシートよりは、幾分会計に時間がかかりますが、どうかよろしくお願いします。

2006.09.08 | 院長からのおしらせ | トラックバック(0) | コメント(0) |

アメリカ映画で重要なビジネスの面談中に「歯医者の予約が

あるので、これで失礼する」などと言っているのを見かけますが、
これは虫歯の治療をしにいくのではなく、メンテナンスを受けに

行くためなのです。
自分の健康を厳しく管理することが求められるアメリカでは、

ここぞという時に歯が痛くなって活躍できないような事態に
陥ったら、それは自分の日頃の健康管理が悪かったということに

なるのです。
そうならないために日頃から平日の昼間に仕事を抜け出してでも、

定期的に歯科医院でクリーニングを受けているのです。

2006.09.07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ある男性の患者さんがおっしゃいました。

「ああ、もっと早くこういう方法に出会っていたら、僕の歯は
もっとたくさん残っていただろうに。」

「そうですね。昔はこういう歯のクリーニングはあまり一般的
ではありませんでしたからね。でも○○さんはお仕事がお忙しい

のに頑張って定期的に通ってくださいますね。」
「忙しいけど床屋には毎月行くからなあ。習慣になれば

同じことだよ。」
床屋さんに通うように、定期的に歯科医院に通って歯を

守るためにクリーニングを受けることが重要です。

2006.09.06 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

本日午後6時半より、中津歯科歯科医師会と某友好団体とのボーリング大会

でした。約2年ぶりのボーリングでしたが、35名中7位の好成績で、商品
ゲット。

さあ、今から明日の筋肉痛に備えて、入念なマッサージして、寝ます。

2006.09.05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ながの歯科医院 長野由子です。

20060904-1.jpg


テレビをつけると、日米親善野球でのハンカチ王子の話題でした。

活躍しても、KOされても ニュースになるんですね。

以前、ブログに「バンビ君」(坂本投手)について書きましたが、斉藤選手の扱い方は かつての甲子園フリークの私でさえ ちょっと??な感じを持ちます。

そもそも「ハンカチ王子」ってネーミング、何とかならないでしょうか?

20060904-2.jpg
ハンカチ王子のハンカチ

今までも甲子園で活躍した選手は 沢山いました。でも、ほとんどは苗字にそのまま「クン」「さん」をつけたり、また 作新学園の江川投手のように「江川!」と呼び捨てにされる選手も多かったです。東海大相模の原さん、横浜高校の愛甲クン、早実の荒木選手は大ちゃん、長崎海星の酒井君はサッシーでした。池田高校の水野クンは「金太郎」でしたし、高知商業の中西選手は「球道クン」、PLの桑田・清原選手にいたっては「K・Kコンビ」と一くくりでした。

球道クンは 漫画の主人公でしたし、バンビや金太郎のように、何かの例えなら理解できるのですが、「ハンカチ王子」ってのは、完全な造語ですよね。一体 誰が付けたんでしょう?

某週刊誌には、ヨン様ファンのおばさま達が ハンカチ王子のおっかけに移行してると書いてあるじゃあ~りませんか!?

ありえな~い(と、思うのは私だけ?)

これだけの話だと、ヨン様ファンのおばさまと大差ないので ハンカチ王子に見る「顎のお話」です。

先日の日本Tip-Edge矯正研究会での会員発表の中で 小児の咬合を考える、というテーマの中で取り上げられた話題。

20060904-3.jpg

今回優勝した「早稲田実業」の選手といえば、王貞治(ワンちゃん)ー荒木大輔(大ちゃん)ー斉藤祐樹(ハンカチ王子)というラインが出来ます。

年代的には それぞれ 20~25年の年齢差がある訳なんですが‥。

顔貌から、3人の下顎骨の大きさを比較すると、有意差が認められるのではないか?…との事でした。

20060904-4.jpg

20060904-5.jpg

20060904-6.jpg

使わない筋肉は、どんどん退化していきます。この50年を比べると、日本人の顔は確実に小顔に進化(退化)していってます。これは、由々しき問題ではないかと…。

見た目は 王子様のようにカッコいいけど、顎が小さくなっていくのは スポーツ選手としては、どんなものなんでしょうね。瞬発力、持続力、集中力、色んな面で 咬み合わせは重要だと言われています。

あと、個人的には ハンカチでチマチマ汗拭くよりも、肩口になすり付けたり 腕でぬぐう姿の方が 男らしくて素敵!だと思うのですが…いかがなものでしょうか?

 

斉藤選手が嫌いな訳ではありません。むしろ、とっても可愛くて純朴な選手だな~と、好感が持てます。

20060904-7.jpg


マスコミに踊らされる事なく、自分の野球道を進んでいって欲しいです。

今後活躍する選手の下顎骨にも注目!ですね(笑)

2006.09.04 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ながの歯科医院 長野由子です。

20060903-1.jpg
博多座

武田鉄矢主演「母に捧げるラストバラード」を観に 家族で博多座に行ってきました。

20060903-2.jpg

武田鉄矢の母・イクさんを主人公にした物語で 夫を支え 子供を育て 忙しく家を切り盛りするイクさんの晩年から 亡くなるまでの「最後の子育て」が描かれた舞台です。

武田鉄矢氏が 母・イクさんと自分自身の2役を演じ、共演者は 沢田亜矢子、麻丘めぐみ、三原じゅん子、川上麻衣子、石倉三郎、車だん吉、といった豪華メンバー。

20060903-3.jpg

20060903-4.jpg

子が親を殺したり、親が子を殺したり…といった、胸の痛む事件が毎日のように起こる殺伐とした現代ですが 人と人の繋がりや 母親の温かい心は 見失いかけている大事な物を思い出させてくれるような気がします。

第二部では、「海援隊トーク・ライブ」

「金八先生」をテレビで見ながら 青春時代を過ごした私にとって、「贈る言葉」という曲は 色んな意味で思い出のある曲です。

この曲を聞くと、楽しかった中学~高校時代へとタイムスリップしてしまいます。

今まさにその年代真っ只中の長男が横に座って、一緒にこの曲を聞くのは なんだか不思議な気持ちがしました。

20060903-5.jpg

 生んでくれて、ありがとうな

 育ててくれて、ありがとうなぁ

 次の世も、この次の世も あなたの子供に生まれたい

 母ちゃんの子供に生まれたい…

こんな事言って貰えたら、母親冥利に尽きますよね。

2006.09.03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日、家内と義母と3人で、グランプラザホテルでランチしました。

メニューは1300円のパスタランチ。

スープ、パン、サラダ、パスタ、デザート、コーヒーがついており、味もまあまあで、コストパフォーマンスはいいです。
ただパスタの量が多すぎて食べきれません。

この点、改良してくれたらモアベターです。
20060902-1.jpg

20060902-2.jpg

20060902-3.jpg

20060902-4.jpg

20060902-5.jpg

20060902-6.jpg

2006.09.02 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

どうも最近のマスコミ報道を見ていると、亀田(ヒール)

ハンカチ王子(ベビーフエイス)の図式が成り立ちつつあります。
話題が出始めたときには散々持ち上げ、いきなりバッシングを始める

マスコミの得意技です。
私は、亀田家はヒーローよりは最高のヒールになって欲しいと思います。

亀田君、あくまでヒールは強くなければ、意味がありませんよ。
興起選手、バッシングに耐えて、次回豪快なKO勝ちをしてください。

亀田の評価は、次回の防衛戦で決まると思います。
自称格闘技マニアより

2006.09.01 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |