FC2ブログ
最近、特に新しい技術の導入に積極的に取り組んでいます。

特にインプラント、矯正の技術進歩は日進月歩です

新しい材料器械購入、技術の高い技工所とのお付き合い。

私自身も、上手な技工士さんに教えてもらいながら、勉強中っていうところかな。

こんな私でも、寝る前は、毎晩歯科技術の本を呼んでます。まあこれが睡眠薬代わりという話もありますが。。。

でも今月の材料代と技工料、めちゃ高くなりそう。
(そこがちょっと心配)
スポンサーサイト



2007.06.12 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ながの歯科医院 長野由子です。トールローズ

年のせいか?診療で使用している拡大鏡のせいか? 老眼がどんどん進行しています。
その為、趣味の読書も滞りがち・・。
先日、ついに諦めて、老眼鏡を作りました。

すると・・、
「見えます。見えます。はーと3つ」「読めます。読めます。アップロードファイル

で、やっと購入しました。友人推薦図書。

村上龍著 「盾・SHIELD(シールド)」
shield.jpg


コジマとキジマの成長物語。
page.jpg


私達の心の中や精神の中心部分は傷つきやすく、常に色々な手段で守っています。その守るための手段を「盾・シールド」という言葉で象徴し、自分はどんな盾を持って生きてきたのか、これから どんな盾を持って生きて行こうとしているのか?
二人の少年の成長過程における成功と挫折を通じて、「盾・シールド」について考える事が出来ます。

自分の「盾」が本当に価値のあるものなのか、これからの人生で どういう「盾」を求めていくべきなのか。
すぐ手に入る「盾」がベストなのか、時間をかけて「盾」を築くべきなのか。

絵本ですが、大人が読んでも、自分の人生に重ね合わせ、色々と考えさせられる本でした。
子供達にも 是非 読ませたい本です。

老眼も少し克服できたようなので、お薦めの本があれば、また教えて下さいね~sc06





2007.06.12 | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |