暫定税率期限切れで、ガソリン価格が下がるみたいですね。
今回の件でガソリンスタンドの現場は混乱しているみたいです。
実家がガソリンスタンドなもんで、おやじに価格どうするのか尋ねてみました。
1日から値下げして、現在備蓄の地下タンクのガソリンは赤字覚悟で販売するそうです。
赤字で商売するという感覚は私には理解できませんが、おやじにはそれなりの考えがあるんでしょう。
ところで皆さん、ガソリン1リットル売ってスタンドにいくら利益があるかご存知ですか?
10円ちょっとですよ。
ようこれで商売が成り立つなあというのが実感です。
実家は田舎のスタンドなんで、ある意味近辺のライフラインみたいなものです。なくなると困る方もたくさんいます。
スタンド休憩所は最近は暇をもてあました高齢者のたまり場になり、ガソリン給油するより、お茶入れのほうが忙しい毎日のようですが、それでも地域でご愛顧受けていると言う事はありがたいことです。
でもまあ、私があとを継がんで良かったというのが正直な実感ですが。。。
スポンサーサイト

2008.03.30 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(1) |

3月の終わりは転勤の季節です。
10年ぐらい当院の患者さんで昨年インプラント治療をさせていただいた患者さんが今回、熊本に転勤されるとのことで挨拶にこられました。インプラント治療後の経過はすこぶる良好なのですが、今回の転勤にあたり紹介状を書き、転勤先でメインテナンスを受けていただくようお願いしました。
きっといい状態でこのまま行くと私は確信しています。
このように長くお付き合いした患者さんとの別れは悲しいものです。
でも転勤により今度は新しい患者さんと新たな出会いがあるかもしれません。
ちょっぴりわくわくする気持ちもあります。
3月は出会いと別れの季節なのです。

2008.03.28 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

全体治療の場合、初診時 治療計画作製のため、レントゲン撮影、模型作製、口腔内写真撮影を行い、次回来院の時に患者さんに治療内容、治療期間、費用等を説明します。
実際は患者さんによりそれぞれ病態も違うし、希望される治療内容もいろいろです。
20年も臨床やっていると、この患者さんが何が原因で歯が悪くなってきたのか。次はどの歯が悪くなっていくのか推察がつくようになりました。
そこで いかに予知性の高い治療をするか。解かりやすく言うと、いい状態で長持ちする治療ができるか。
これはかなり高いスキルの求められる診断になるし、実際 このケース自分の手におえるのか、色々考えます。
全体治療の場合は、どうしても治療期間が、数ヶ月から1年以上になることも結構あるんです。
歯1本単位の治療ももちろん大切ですが、全部さわるとなると、ますます責任重大です。
治療計画説明後、患者さんから「先生にすべてお任せします。」と言う言葉を頂くことがあります。
この言葉を聞いた時は、まさに私自身、身の引き締まる思いがします。
患者さんが私に治療をすべて預けてくれた。
絶対に満足していただくまで患者さんと一緒に頑張るんだと。
「先生にお任せします。」これは私が一番気合が入る言葉です。

2008.03.25 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

2日間連続で、大分県歯科医師会と保険医協会主催の点数改正説明会に参加してきました。
毎度のことですが、2年ごとの診療報酬改定の時期 現場の我々はドタバタします。
新しい点数、項目、名称覚えるのが大変です。
何せ前回の改定があまりにひどかったものですから、今回の改訂でそれが幾分まともになったかな?という印象です。しかしわずか0.42%のプラス改定ですから、昨今の原材料の値上げ、必要経費の増加から考えれば決して経営が楽になるわけではありません。
もう歯科の業界では共存共栄は難しい時代に突入しています。
厳しい時代に生き残るために、自院の独自性を出して患者さんに支持される魅力的な医院を作っていかなければならない。
そのためには、新しい設備投資、技術習得等のハード、患者接遇等のソフトの両面の充実をさらに進めなければならないと考えています。

2008.03.23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コン1
コン2
1週間前に下顎総義歯のコンフォートデンチャー(生体シリコーン加工義歯)を装着した患者が経過観察で来院されました。先週装着時、全く無調整でセットのみ行ったケースでした。
患者さんに具合を聞くと 今回の義歯はとてもよく噛めて痛くないし調子がよいと喜んでいただきました。
この患者さんは約10年前から当院の患者さんで、なかなか下顎の総義歯が折り合わず、新製しては調整の繰り返しで、かれこれ保険の義歯で4,5回作り変えたと記憶しております。
やはり下顎の顎堤の吸収した難症例の総義歯のケースにはコンフォート義歯は有効だと確信しました。
また最近は以前当院でコンフォート義歯を装着した患者の紹介でコンフォート希望の患者さんが増えてきました。
シリコーン加工は自費になりますが、シリコーン劣化の時のメーカー保証が3年ありますので、お勧めの方法だと思います。

2008.03.22 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

講演会

診療後、中津市医師会主催の学術講演会に参加しました。
講師は大分大学口腔外科の柳沢教授。
テーマは 口腔ケアと口腔外科の最近の進歩。
内容はあんまり目新しいことはありませんでした。
講演会終了後、速攻で自宅に戻り、お目当ての世界フィギュア女子の観戦。
20080321-00000009-reu_k-spo-view-000[1]
im00069562[1]

真央ちゃん、最初にこけたけど、あと踏ん張り、涙の金メダルにもらい泣き。
少し失敗してもあきらめずに盛り返す姿勢、私も見習いたいです。
真央ちゃん、感動をありがとう。

2008.03.21 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

【志を立てよう】 松下幸之助
志を立てよう。
本気になって、真剣に志を立てよう。
生命をかけるほどの思いで志を立てよう。
志を立てれば、事はもはや半ばは達せられたといってよい。

志を立てるのに、老いも若きもない。
そして志あるところ、老いも若きも道は必ずひらけるのである。

今までのさまざまの道程において、いくたびか志を立て、いくたびか道を見失い、また挫折したこともあったであろう。
しかし道がない、道がひらけぬというのは、その志になお弱きものがあったからではなかろうか。
つまり、何か事をなしたいというその思いに、いま一つ欠けるところがあったからではなかろうか。

過ぎ去ったことは、もはや言うまい。
かえらぬ月日にグチはもらすまい。
そして、今まで他に頼り、他をアテにする心があったとしたならば、いさぎよくこれを払拭しよう。
大事なことは、みずからの志である。
みずからの態度である。
千万人といえども我ゆかんの烈々たる勇気である。実行力である。

志を立てよう。
自分のためにも、他人のためにも、そしておたがいの国、日本のためにも。

志を立てるのに老いも若きもないということは、40過ぎても志は立てられるんですねー。
この文章を読むとなんかやる気がメラメラと出てきますね。
ポジティブ思考で明日も頑張ろう(20日は休日当番医です。)


2008.03.19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ラーメン

一風道、言わずと知れた博多ラーメンの超有名店です。
先日のセミナーの帰り、4時半ごろ大名本店で初体験で食してきました。
時間帯の関係か?待たずに入れました。
ほとんどが20才前後の若い客層のなか、ネクタイ締めたオヤジが一人。
完全に店内で浮きまくり。アウェー状態。
恐る恐る一番人気の赤丸かさねを注文。一杯800円、タカー。
見た目。とうがらしと香り油でインパクトあり。
味はそれなり。あまり感動するものはなかった。
おそらくラーメン1杯の原価は、100円以下でしょう?
ただ店員の対応はきびきびスピーディで好感が持てました。
全国ブランドになれば、味はそこそこでも客は押し寄せる。
そんな事を感じました。でもブランドになるまでが大変なんでしょうけどね。


2008.03.18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日の、セミナーでコーディネーターの木原先生が、言われた言葉が印象に残りました。

これからの歯科治療

患者さんにとって(痛くない、早い、価値がある。)
術者にとって(気が楽、回数が少ない、自信がある。)


私も全く同感です。でもこれを達成するには、さらなる診断力とスキルの上達が必要だと痛感しています。

2008.03.17 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

抄録
セミナー

早起きして、博多で行われたSJCDの6地区合同症例報告会に参加してきました。
6地区(四国、京都、名古屋、北陸、新潟、福岡)の若手精鋭の先生のケースプレを参加者が批評するといった内容です。
審美歯科、インプラントの最新症例を多数見せていただきました。

いつもセミナーに参加した後は、いい刺激を受けてやる気に満ち溢れています。
セミナーで学んだことを少しでも自分の臨床に生かしたい。




2008.03.16 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

【道】 松下幸之助
自分には自分に与えられた道がある。
天与の尊い道がある。

どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。
自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがいのないこの道。

広い時もある。
せまい時もある。
のぼりもあればくだりもある。
坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。

この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時もあろう。
なぐさめを求めたくなる時もあろう。
しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

あきらめろと言うのではない。
いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくもこの道を休まず歩むことである。
自分だけしか歩めない大事な道ではないか。
自分だけに与えられているかけがいのないこの道ではないか。

他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道はすこしもひらけない。
道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。
心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。
深い喜びも生まれてくる。

昔の偉い人はすばらしい文章を残しておられます。

私も週末で疲れはピークですが、まだまだ頑張ります。

2008.03.14 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

8_1[1]

午後往診から帰ってきてから、税理士さんと確定申告の最終チェック。
私、現在 国税モニターを拝命していますので
税務行政に協力の意味からも今年からE-TAXで申告します。
それにしても、定率減税の撤廃等、増税ですなー。
所得税に消費税、市民税、昨今の原油高からくる原材料費の値上げ、
特に歯科用金属の値上げは凄まじい。
歯科医院経営も大変です。


PS.写真はE-TAXのキャラクターのイータ君です。

2008.03.13 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

dvd.jpg

新しく審美歯科のDVDを購入しました。
ビフォーアフターの症例がたくさん収録されていますので、患者さんにとっても興味深く見ていただけるものと思ってします。
しばらくの間、待合室のテレビでずっとこのDVDを流そうと思っています。
審美歯科についての質問がありましたら、院長またはスタッフまでよろしくお願いします。

2008.03.12 | 院長からのおしらせ | トラックバック(0) | コメント(0) |

本日、ホームページリニューアルしました。
マイナーなチェンジですけど、よかったら見てください。
よろしく。

2008.03.10 | 院長からのおしらせ | トラックバック(0) | コメント(0) |

計画書

当院では、全体的な治療が必要な患者さんには、初診時 治療計画を立てるために5枚法の口腔内写真撮影を行っています。
次回来院時,その写真をもとに治療計画を説明して写真を差し上げています。
多数歯にわたる治療になると治療期間も長くなるため、患者さんにもより高いモチベーションを持ってもらわないと治療が成功しません。
全顎治療の了解が得られたら、あとはひたすら患者さんと当院スタッフは一緒に協力して治療のゴールに向かって頑張っていきます。
全顎治療は術者側も大変ですけど、とてもやりがいのある治療です。
患者さんに長く通院していただいて、最後に治療が成功したときの達成感がたまりません。
あとは、治療後の定期的なメインテナンスで経過を見ていきます。

2008.03.07 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

術前
術後

最近行った抜歯即時インプラントのケースです。
術前、右上の2本の小臼歯は歯根が極端に短く動揺していました。
そこで抜歯即時にインプラントを行い、仮の土台までオペ当日に入れました。
オペ所用時間およそ40分、数日後に仮歯をセットしました。
3ヶ月後には上部構造セットできると思います。

2008.03.06 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

g126_m[1]

家内が生協で買った北海道土産で有名なロイズの生チョコレート、絶品です。
生チョコだけあって、舌の上で柔らかくとろける感覚、私の今までのチョコレートの概念をぶち破るレボリューションですわ。
こんなうまいもん、子供に食べさせたいかん。
虫歯がすぐにできそう。
皆さんも機会があったら食べてみてください。
歯科医師の立場からすると、チョコもキシリトール入りがいいですけどね。

2008.03.05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

クリネ

コンフォートデンチャー(シリコーン加工義歯)は、下顎総義歯の難症例において有効なので、当院では積極的にこの術式を行っています。

コンフォートデンチャーの取り扱い注意点としては、クリネという専用の入れ歯洗浄剤を使う必要があります。

義歯内面に生体シリコーンを使用しており、汚れがつきやすいためクリネで毎日洗浄してもらいます。
最近、クリネの新製品が出て、1回1包ずつの使いきりタイプが出来て便利になりました。

2008.03.02 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |