FC2ブログ
中津に九州歯科大の柿木教授をお招きして「摂食嚥下障害へのアプローチ」の演題で実習付きのセミナーが開催され参加してきました。
私たちが日常当たり前にやっている嚥下(ゴックン)について深く学ぶことができました。
皆さんにひとつ面白い実習を紹介します。
ゼリーを絶対に歯を使わずに咀嚼せずに飲み込む。
これかなりしんどいです。
麻痺のある患者さんになりきっての実習です。
こういう実習を体験すると私が普段訪問歯科診療でお世話になっている施設の職員の皆さんのご苦労が少し解かったような気がします。
スポンサーサイト

2008.06.14 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |