白石術前
白石アバット
白石セット
下顎奥歯3本連続欠損のケースです。
インプラントを使用することで元あった天然歯の状態に近い状態を再現できました。
患者さんには機能的にも審美的にも満足していただきました。
このようなケースはインプラントを使用することにより、長期的な予知性も期待できます。
治療期間は約3ヶ月でした。



スポンサーサイト

2008.09.28 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今週は貴重な臨床経験を2回させていただきました。

まず一つ目はASL(筋萎縮性側索硬化症)の患者様の訪問診療。
体中の筋肉が萎縮して動かなくなるという難病です。

もう一つは生後1ヶ月の口蓋裂の赤ちゃんの哺乳床の修理。
口蓋裂の赤ちゃんは哺乳床がなければ、母乳やミルクを飲むことができません。

どちらも私にとって初めての体験でした。

この世の中にはいろんな難病で苦しんでいる方がいます。

削って詰めるいわゆる歯医者仕事だけではなく、医科を含めたいろんな面に視野を広げ
貪欲に学んでいかなければダメだ。ということを改めて痛感しました。
人生 一生勉強です。前向きに前進あるのみ。

2008.09.26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

尾北
オールセラミック2
右上前歯のオールセラミッククラウンのケースです。
コーピングにエベレストというジルコニアを使用しています。

2008.09.25 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日から我が家にオーストラリアからの小学生が2人ホームステイに来ています。
ここ数日 家内はその準備に大わらわでした。
夕方 オーストラリアのママから国際電話あり。
私が受けたけど、相手の会話 子供の名前しか解からんかった。
Excusu me, I  can speak English a litele.状態。
相手のママは笑っていましたけど。
どうも私には電子辞書が必要のようです。
今回子供たち 我が家に3日間滞在予定です。
また子供からプレゼントに手作りの狩猟用のブーメランをもらいました。
これがまた重たい。マジで殺傷能力のありそうな品物。
こんな重たいもん、ようオーストラリアから持ってきたね。
我が家では床の間に飾ってオブジェにするしかなさそうです。
月曜日はわが子の通うO小学校でホームステイの小学生も一緒に授業を受けるみたいです。
ところで 今 O小学校の6年では私の職業はホストという噂になっているようです。

2008.09.20 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日と今日2日連続でインプラントのオペを行いました。

昨日のケースは13ミリHAインプラントの上顎前歯の抜歯即時埋入。
審美性が求められる部位なので埋入ポジション、埋入深度に十分注意しました。

今日のケースは10ミリストローマンインプラントの下顎小臼歯部の通常埋入でした。

2ケースとも手ごたえ十分のオペでした。
オペが思い通りいくと気分がいいです。

あと仕上がりも楽しみです。

2008.09.18 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

下顎術前
旧義歯
下顎術後
新義歯

右下1歯、左下2歯欠損のケースです。
周りの歯は削っていない綺麗な歯です。
理想的にはインプラント3本埋入のケースでしょう。
でも患者さんは義歯を選択されました。
今回、従来の保険の部分入れ歯からノンクラスプデンチャーに作り変えました。
写真を見てもらえれば、一目瞭然、邪魔臭い前歯の裏側の金属(バー)と止め金(クラスプ)がなくなり、
快適感と審美性を得ることができました。
ノンクラスプデンチャーの特性をうまく利用できたケースだと思います。

2008.09.17 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ノンクラスプ
ノンクラスプデンチャーの特性に適度な弾性があります。
写真のように指でつまむと軽く曲がり、元にもどります。
分り易く言えば、形状記憶の義歯です。
その上従来の義歯に比べ、随分軽く付け心地がよいです。
もちろん、止め金がありませんので審美的です。

2008.09.16 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日、9月15日(敬老の日)は私と家内の結婚記念日です。
そういえば、去年も結婚記念日についてブログで書いたことを思い出したので
転写します。

忘れ去られた結婚記念日
とりあえず、私と家内の結婚記念日は、9月15日(敬老の日)でした。
それがなぜか、いつの間にやら、ハッピーマンデー法みたいなものができちゃって、敬老の日イコール9月15日じゃなくなった。
敬老の日(祭日)が結婚記念日だったら、結婚して30,40年たって年をとっても忘れないだろうと思っていましたが、その考えは法律改正で、あいまいなものになってしまった。
そういえば今年もなんとなく過ぎてしまいました、9月15日。
来年の暦を見ると、敬老の日が9月15日にドンピシャ はまるみたい。
来年は家族でお祝いせんといかんねぇー。
結婚18年目にはいります。石の上にも18年か。

家族でお祝いなんて書いていますが、恥ずかしながら、今晩の夕食は普通と変わらず。
また今年もまたなんとなく過ぎてしまった結婚記念日。
でも心の中では感謝していますよ、奥さん。

2008.09.15 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ステント
ステント2
インプラント治療行う場合、インプラント埋入予定部位の骨の状態を調べるためにステントを作製し、それを装着した状態でCT撮影を行うことがあります。CT撮影後、術前診断にOKが出たら、オペの時そのステントを口腔内に入れて理想的な位置にインプラントを埋入していきます。
大きなケースではこのステントが手術の羅針盤になり大変重要になります。
上の写真はワックス義歯の状態で、下はそれをプラスチックに置き換えた状態のステントです。

2008.09.12 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

newtop_7a[1]
今晩の「本当は怖い家庭の医学」を興味深く見ました。
顎関節症についての特集でした。
番組の後半で出てきた咀嚼筋腱・腱膜過形成症(そしゃくきんけん・けんまくかけいせいしょう)なる疾患。
私も恥ずかしながら初めて知りました。
今晩の内容は歯科医の私も勉強になりました。

ところで顎関節症は生活習慣性の原因が影響していることが多いです。
・無意識の噛みしめ
・極端な片噛み
・頬杖をつく
・うつ伏せ寝
・虫歯や歯の欠損したままの放置
これらの行為は顎関節に無理を与えますので注意が必要です。




2008.09.09 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

スプリットコントロール
インプラントを埋入する顎骨の幅が細い場合やさしく押し広げてから埋入する必要があります。
その時に使用するのがスプリットコントロールです。
前から欲しかったのですが、今回思い切って購入しました。
これでインプラントの適応症例が広がると思います。

2008.09.08 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

口腔ガン

中津歯科医師会主催の市民公開講座に参加してきました。
講師は九州歯科大口腔外科の冨永教授。
テーマは「口腔ガンについて」
口腔ガンはガンの中ではあまり頻度の多いガンではありませんが、年間8000人の方が
罹患しており、高齢化社会の進行と共に患者さんの数は増加しているとのことでした。
ガンの早期発見のために我々かかりつけ歯科医が常日頃から患者さんの
お口の中全体をしっかり観察することが大切であるということを再認識しました。

2008.09.07 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

オールセラミッククラウン
審美歯科を行う時にでオールセラミッククラウンを使用することが増えてきました。
オールセラミックは、従来のメタルセラミックに比べ、
1、優れた強度
2、理想的な光の透過性
3、生体親和性(メタルアレルギーがない)
などたくさんの利点があります。
なによりもメタルセラミックの場合、装着から数年経過後歯肉が下がったときに出る
ブラックラインが出ないというのが一番のいい点ではないでしょうか。
写真はコーピングにLAVAというジルコニアを使用したオールセラミッククラウンです。

2008.09.06 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

岩屋
診療後、中津青年有志の会(中津JCOBの岩屋たけし代議士の後援会)の発会式に参加してきました。
久々のJC時代の先輩後輩との懇談でしたが、中津の企業の景気も良くないみたいです。
突然の福田首相の辞意表明で、政局があわただしくなり、総理の交代、総選挙もまもなくあるでしょう。そういう面から言えば今日の会合はまさにGOODタイミングだったのかなと思っています。
やはり日本のトップリーダーは強いリーダーシップを持って、国民に愛され 信頼される人じゃないといけませんね。
岩屋先生には、今回選挙は自民逆風ですが、是非勝ち残って日本の政治を良くして欲しいと思っています。


2008.09.03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |