当院のインプラントシステムは主に、アメリカ製とスイス製のものをメインに
使っています。
注文はネットオーダーかFAX注文。
いろんなケースに対応するためにはどうしてもオプションの器具が必要になります。
といっても年に1回使用するかどうか?みたいな器具もあります。
でもそれがないと いざオペの時に想定外のことがあったとき、
立ち往生してしまいます。

今日外科用の付属品をいくつかネットオーダー。
どれも2年前のカタログより2割程度値上がりしている。
買おうかどうか躊躇しましたが、結局購入。
10万ぐらい使ったかな。

円高でローレックスもルイビィトンも値下がりしているのに
なんで海外インプラント製品は値下がりしないのか?

スポンサーサイト

2009.01.30 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

じみ1
50代男性、外傷により、右上前歯が大きく破損しました。
歯根も短く、破折片も大きく、歯ぐきの中に入っていました。
じみ2
そこでインプラントを抜歯即時埋入。オペ直後の写真です。
じみ3
オペ後4ヶ月、ファイナルの写真です。隣の2番も被せ物やりかえました。
自分としてはまあまあの審美性も獲得できたと思っております。

2009.01.29 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

フルマウス リコンストラクションとは読んで字のごとく 全顎におけるかみ合わせの
再構成、つまりすべての歯を治療して被せ物で新しいかみ合わせを作る治療です。
この治療はかなりの治療期間がかかるのですが、頑張って治療すると見違えるように
術前よりかみ合わせがよくなりますし、高い審美性も獲得できます。
私の好きな治療のひとつです。
口の中にたくさんの被せ物の入っている方は知らず知らずの内に全体のかみ合わせに
狂いの生じている方が結構いらっしゃいます。
術前診断で全額治療が必要と診断した患者さんには、フルマウス リコンストラクションを
おすすめする場合があります。
フルマウス
写真は上顎のフルマウスの型取りです。
当院では、大きなケースでは特に精密なシリコーン印象をよく使います。

2009.01.28 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

経営セミナー
昨日午後から大分で開催された税務経営セミナーに参加してきました。
テーマは「医療税制から見たこれからの医院経営のあり方について」
資料がかなり分厚くて見るからにとっつきにくい感じでしたが、資料を読み込んでみると
かなり興味深い内容でした。
講師の先生方の話もわかりやすく、とてもよいセミナーでした。
懇親会の席で当院の経営に役立つヒントを講師の先生にもらうことができました。

今日は日本歯科歯科医師会の青色申告の会議に提出する資料作りをやっておりました。

2009.01.25 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

本日のインプラントは左下5番、6番に2本埋入でした。
5番部は骨幅が細かったために、細めのインプラントを使用、
6番部はスタンダードタイプを埋入しました。
いいポジションに埋入できました。
この患者さんは全顎的に審美治療を行っていますので、
埋入したインプラントの安静期間中に その他の歯のプロビジョナル(仮歯)の
調整を行い、バッチリ仕上げたいと思っています。
いつもの事ですが オペがうまくいくとホッとしますし、気分がいいです。

2009.01.22 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日からセンター試験が、始まりました。
受験生の皆さんには、全力で頑張ってほしいものです。

私の大学受験の時は、センター試験ではなく、共通一次試験といっていました。
私の出身は田舎の三流高校でした。
当時、自分の将来について随分悩んだ記憶があります。
長男でありますから、将来的には親の介護や代々のお墓の管理をしなければならないという
思いがありましたので、都会に出て就職はできない。
そうなると、ねらいは医学部あたりか?と漠然と考えていました。
成績はそこそこだったので、まあ地元の医学部ならなんとかなるかと
甘い考えでした。
そこで共通一次で大失敗。
二次試験、今回は玉砕覚悟で医学部受験して、浪人か?と思っておりました。
二次試験の出願もせまったころ、当時の担任の先生が自宅に来て、
志望校を歯学部に変更したらどうか?と助言してくれました。
それまで、全く私の頭に歯学部はありませんでした。
九州歯科大という大学の存在すら知りませんでした。
歯科大受験は私の本意ではありませんでしたが、今年は医学部受けても
通らないと言われるものですから、しぶしぶ志望変更しました。
多分、ここも落ちると思いで、二次試験受けました。
それなりに二次試験はできたのですが自信ありませんでしたので、合格発表の電話も頼みませんでした。
二次試験が終わったら、北九州予備校の特待生試験の準備をしていました。
そこで、合格の知らせ。
実はあんまりうれしくなかった。浪人して医学部リベンジという気持ちの方がその時は大きかった。
お袋は是非、浪人せずに入学してほしいというし、自分が浪人のプレッシャーに耐えられるか?
よくよく考えて歯科大に入学しました。
今考えてみれば、ここが人生の大きな岐路だったんですね。
もしここであえて浪人を選んでいたら、今の歯科医師としての私はないし、家内とも出会わなかった。
全く別の人生を歩んでいたでしょう。
このことを今、私は後悔はしていませんが、ここが人生の大きなターニングポイントになったなと思っています。

大学入試に関しては初志貫徹できなかった私ですので偉そうなことは言えませんが、
大学入試はある意味 人生を左右する。
そのことは子供たちに伝えなければと思っております。

2009.01.17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今年4月の改定で介護報酬が3%引き上げられるみたいです。
これは大変いいことです。
超高齢化社会の現在の日本の中で介護施設の存在感は今後ますます増してくるでしょう。
毎週施設に歯科往診している私からみても、介護施設の職員の労働は過酷です。
福祉や医療の現場というのは本当にマンパワーが必要なところなんです。
過酷な労働条件に見合う報酬、若いやる気のある介護士の方にとっても
魅力的な介護の業界になってほしいですね。
ここは国民の皆さんにも政治家の先生方にももっと理解してほしいです。

うちの患者さんにも毎回ひやひやする高齢の御夫婦がいらっしゃいます。
奥様は認知症、ご主人は耳が遠く意志疎通がうまくいきません。
受付が電話をかけても全くコミニュケーション取れず。
それでもご主人が車を運転して受診されます。
あぶないので他にだれか付き添いの方が居ればといつも心配しております。
この御夫婦、老老介護ですが、おそらく社会生活はうまくっできていないでしょう。
こんな方にこそ介護、福祉の力が必要だと思います。

今日も昼休み歯科往診に言ってきました。
5人見ましたが、時間が足らず タイムアップで どうも明日も明後日も昼休み往診になりそうです。

2009.01.15 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

20070809224023.jpg
最近、インプラント治療をする患者さんにCT撮影をすることが増えてきました。
イージーケースは通常のレントゲン撮影でOKですが、骨が細いケースや、下顎神経や
上顎洞が近いケースは念のためCTを撮ったほうがいいです。
その方が、術者も患者さんも安心してオペに臨むことができます。
以前は、小倉の九州歯科大の放射線科にお願いしていたのですが、
最近は、CT完備の中津の開業医K先生にお願いすることが多いです。
本当は当院がCT完備で自院で撮影できるのがベストなのですが、まだ約3000万近くする
ようなので、手が出ません。

なお歯科においてはCT撮影は保険外診療になります。
費用は1万円ぐらいからになります。



2009.01.14 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

年明け早々ハードな毎日を送っています。
今日は昼休み、税務署訪問して、2月税務講習会の講師派遣依頼のお願い。
4時半まで診療して、その後博多から来客あって秘密?の打ち合わせ。
途中急患の来院あり。打ち合わせが予定より1時間延びたため、青色申告会の会議に
1時間遅刻して出席。その後、新年会。青申会の新年会 昨年も出席しましたが、この会の
年齢層はムチャ高い。おそらく私が最年少でしょう。私の親の世代の方との
会話は結構つらいものがありました。
マジック
写真は中津青申会会長のW会長のマジックです。
皆さん芸達者で、三味線や浄瑠璃、マジックといろいろ楽しませてもらいました。

2009.01.08 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日が当院の診療の仕事始めでした。
例年は午前中に急患の方が多いのですが、
今日は午前中はぼちぼちで、午後は予約外の方が多く、
待ち時間が長くなってしまい、御迷惑をかけました。
明日からはもっとスムーズに診察できると思います。

私は昨日あたりから仕事したくてウズウズしていたのですが、
製造業の方なんかはまだまだ正月休みが数日あるようですね。
これも不景気の影響でしょうか?

不況の中でも来院してくださる患者さんがいることを有難いと思って
明日からも頑張ります。


2009.01.05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

皆さん、少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

今年の正月は1日、実家に行き、2日に初詣に行き、今日はだらだらとみたいな日を送っています。

時間はたっぷりあるので、今年の当院の構想などを練っているところです。

今年は開業15周年というメモリアルな年になります。

患者さんに歓んで、感動してもらえる企画も考えていますので、乞うご期待。
(詳細はまだ秘密です。)

年齢的にはアラフォーからニアフィフティに近づき そろそろ私自身の伸びしろも少なくなってきましたが、そこは、気力と根性でカバーして、今年も進化し続けます。

それでは今年一年もよろしくお願いします。

2009.01.03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(1) |