今日は昼休み、歯科往診にて100歳の患者さんの診察をしました。
上の総入れ歯が落ちてくるということで、義歯修理をしてきました。
患者さんは一言二言しか言葉を発しませんでしたが、まだ目力は鋭く、
100歳の威厳を感じました。
100歳といえば、おそらく自分の祖母が生きていればこれぐらいの年齢だと思います。
入れ歯はおそらく30年以上は使用されているであろう年代ものでしたが、
入れ歯の裏打ちをさせていただきました。
これで入れ歯も外れなくなり食事がしやすくなると思います。

数年前に生後1週間の赤ちゃんの生前歯を抜歯したことがありました。
通常、生まれたての赤ちゃんには歯がありません。
ごくまれに生まれたときにすでに歯が萠えている場合があります。
この時は授乳時の妨げになるため(お母さんが乳首をかまれて痛い)、
抜いてあげる必要があります。
生まれたての赤ちゃん本当に小さいです。
この時ばかりは私もかなり緊張しました。

開業して田舎歯医者していると実にさまざまな患者さんが来院されます。
0歳の赤ちゃんから100歳の高齢者まで。
これが開業医としての悩みでもあり、醍醐味でもあると思います。
すべての患者さんに全力投球。
これを目指してこれからも頑張ります。
スポンサーサイト

2010.11.30 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

近くの東九州短期大学で開催された糖尿病教室に参加して
歯科検診をしてきました。
弁当糖尿病
写真はそこでもらった糖尿病患者さんのための弁当です。
塩分控え目ですけど、うまく味付けしてありおいしくいただくことができました。

2010.11.28 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日も診療後、午後5時半から大分で開催されたインプラントセミナーに
参加してきました。
内容は、オペ前に患者さんの採血を行い、これを遠心分離機にかけ
その成分をインプラントオペに利用するという術式でした。
講義のあとに採血の実習がありました。
オペの時に骨が足りない場合、人工骨や動物由来の骨補てん剤を使うことがあります。
こういう製剤も安全なのですが、患者さんによっては受け入れてもらえない場合もあります。
そんな場合には、今日学んだ術式はとても有効だと思います。

2010.11.27 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

初診
)近藤(初診


ファイナル
)近藤(ファイナル
患者さんは前歯をきれいに直したいという主訴で来院されました。
右上の1番元々神経を抜いているため変色歯でした。
左上1番は大きな詰め物がしてありそれが変色していました。
今回上の前歯2本はメタルセラミックで被せ、その周りの歯は詰め物のやり替えで直しました。
患者さんには喜んでいただき、いい仕上がりだと思いますが、いかがでしょう?

2010.11.26 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

祭日がある週は、昼休みに歯科往診に行くため、どうしても
スケジュールがタイトになります。
今日は結局、ランチ抜きになりました。
往診から帰ってきたら、すぐに午後の診察が始まったというパターンです。
明日も昼休みに歯科往診が入っています。
移動中の車の中で食べるおにぎりが必要になりそうです。

2010.11.25 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

祭日の今日も早起きして博多で開催された福岡SJCDの例会セミナーに参加してきました。
8名の先生方がケースプレを行い、それに対してみんなでディスカッションするのですが、
先生方のケースプレも洗練されているし、その後の辛口のディスカッションも大変勉強になります。
私なんぞは、ただ一言も発することもなくただただ拝聴するばかりです。
いつかいつか1回はこの場で自分も発表してみたいものだと思っておりますが、
さていつになることやら。
改めて常に高いモチベーションを保ちながら日常臨床に望まなければならないと再認識した次第です。
弁当
写真は今日のお弁当です。
茶わん蒸し付きのデラックスバージョンでした。

2010.11.23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

1セミナー
博多で開催されたHAインプラントのセミナーに参加してきました。
HAインプラントは私が現在メインで使っているインプラントです。
患者さんサイドの条件が悪い場合、たとえば骨が柔らかい、骨の量が少ない、骨幅が狭い
場合に有利なインプラントです。
外人に比べ骨質の良くない日本人に適したインプラントといえると思います。

今日のセミナー内容は素晴らしかったですよ。何回も同じお話を聞いていますが、
何度も聞かないと本当に自分のものにはならないんです。
今日のセミナーに参加して改めてインプラント治療へのモチベーションが上がってきました。
弁当
写真は昼食のお弁当です。
弁当の中身は写真撮り忘れましたが、五穀米におかずは卵焼き以外はすべてよく噛まないと食べられない献立でした。自分自身も普段の食生活でいかにあまり噛んで食事していないかを再認識しました。

2010.11.21 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |


私を含めてスタッフ全員のインフルエンザ予防接種が今日で終了しました。
今年のワクチンは1回の予防接種で新型と従来型の両方に効果があるとのことです。
あとはうがいと手洗いをこまめにすることが大事ですね。

2010.11.19 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

術前
岡本(術前)
術後
岡本(術後)
ご注目いただきたいのは左上の2番目の歯です。
患者さんはこの歯の変色を主訴に来院されました。
レントゲンで確認するとこの歯は神経を抜いておりました。
歯の神経を抜くと歯の変色は高い頻度で起こります。
変色の原因をわかりやすくいうと
神経がなくなると歯に栄養がいかなくなるからだとと考えてください。
いわゆるお笑いのハリセンボンのはるかの決めゼリフ
「歯の神経が死んでいる」状態なのです。
この歯1本を歯の裏側から薬をいれてホワイトニングしたのが、下の写真です。
まわりの歯と遜色ないぐらい白くなっていると思います。
この白さは数年は保てると思います。
患者にも大変喜んでいただきました。

2010.11.18 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨日は、5時半から、中津歴代国税モニター会の研修会に参加、
中津税務署長の「大分の方言について」の講話を拝聴。
なぜか、税務署長が最後は感極まってウルウルきておりました。
その後のお別れパーティは涙を呑んで欠席し、大分で開催された
医療管理委員会に参加してきました。
夕方からのダブルヘッダーで、週初めからかなりダメージを受けております。
今日はおとなしく家で、夜は事務仕事をしております。

2010.11.16 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

昨晩の結婚式の余韻も冷めやらぬまま、朝5時半起床。
修学旅行に行く長女を送り出し、バスケの試合にいく次女と家内を
これまた見送り、先日の宮崎出張の原稿を書いてから、
医師会検診センターであった歯周病検診に参加してきました。
11月は行事目白押しで、大変なんです。
今週もいろいろ出事が多くなる予定です。

2010.11.14 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

結婚式
当院の9月まで7年半歯科衛生士として勤務してもらっていたNさんの
結婚式にスタッフのみんなと参加してきました。
私、恥ずかしながら教会での挙式は初体験でしたので、とても感動しました。
加えて新郎新婦が、美男美女なのでまるでテレビドラマの一場面のようでした。
披露宴は今はやりのレストランウエディングでとてもいい結婚式でした。
私のスピーチもなんとか無難にできたと思います。
新郎新婦、末永くお幸せに。

2010.11.13 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

宮崎への日帰出張から今戻りました。
朝8時半に中津を出てJRで4時間、宮崎で3時間の税務の会議に出席。
帰りのJR4時間半。
まさに弾丸日帰り出張でした。
歯科医師会の役員の仕事も大変です。

2010.11.11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

11日(木)は宮崎で会議があるため休診いたします。
13日(土)は、スタッフ結婚式出席のため10時半までの診療になります。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2010.11.09 | 院長からのおしらせ | トラックバック(0) | コメント(0) |

午後から大分で開催されたセミナーに参加してきました。
テーマは「インプラントの上部構造について」
講師の先生方のすばらしいケースプレに感動しました。
大分にもすごい先生がいます。
私も講師の先生方のレベルに一歩でも近づきたい

DSCF2807.jpg

2010.11.06 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

週の半ばに祭日があったので、今日は体が結構軽い。
でも休んだ分、積み残しの仕事、歯科往診とかが昼休みとかに入ってきて
過密スケジュールになる。
何とか楽していい仕事ができないものか?
自分が楽するためには、スタッフのスキルを格段に上げなければならない。
しかし、要所は院長がびしっと決めなければならない。
やっぱり流した汗の分しか、自分の力にはならないんだ。と再認識する。

さて1年がかりでやってきた患者さんの治療が終わりに近づいて、患者さんから
お褒めの言葉をいただいた。
「綺麗で動かない歯が入って、歯磨きするのが楽しみになりました。」と  
歯磨きするのが楽しみになったというのは、歯科医師の私にとって
かなりグッとくる言葉でした。
毎日苦労していますが、たまにはこんないいこともあるんです。

2010.11.04 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日は親不知の抜歯の多い1日でした。

下顎の親不知の抜歯の場合、歯がななめに生えていることが多く歯茎を切開、
歯を分割して抜くことがままあります。
そうするとどうしても術後数日は腫れることが多いですが、1週間ぐらいで
だいたい症状は落ち着いてきます。

写真のCT画像を見てください。
親不知の根の先と下顎の神経、血管が入った管が近接しております。
このようなケースは不測の術後出血や神経マヒに対応できる入院設備のある口腔外科で抜いてもらったほうが
安全だと考えています。
CT_20101101185624_Image004.jpg


CT_20101101185624_Image003.jpg

2010.11.01 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |