FC2ブログ
DSCF3002.jpg
今日は休日当番で診療でした。
予想に反して忙しくてあっという間の1日でした。
外傷のケースも2ケースあって、歯牙再植の連続で大変でした。

写真は当院の今週のお花です。
もうすぐ春ですね。
だんだん暖かくなってきました。
3月まであとわずか。
今週も忙しいと思います。
今晩は早めに休んで明日からの診療に備えたいと思います。


スポンサーサイト

2011.02.27 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今月はブログの更新が滞っております。
毎日、とにかく忙しくて、、、、
今週も何とか乗り切ったと思ったら、明日は休日当番医です。
休日当番医というのは通常は暇なのですが、気持ちは当然診療モードONにしとかないと
いけないので、暇な時間が逆にきついのです。
私には、毎日忙しくバタバタしているのがあっているんだと思います。

2011.02.26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

img046.jpg
大分県歯科医師会は昨年、創立100周年を迎えました。
それを記念した立派な記念誌が出来上がりました。
昨晩、大分県歯科医師会館で会議があり、事務局の職員から中津の先生の分、全部持って帰ってくださいと
頼まれ、私の車の中は記念誌が入ったダンボールで満タン。
ざっと50冊、ダンボール10個、重さにしたら100㎏はあると思います。
これをひとりで事務局のある商工会館2階まで運ぶことを考えるとぞっとします。
中津の他の先生方はまだこの記念誌のことは知りません。
一番乗りで一晩だけ早見させてもらいます。

2011.02.23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

DSCF2999.jpg
今日のランチはまたまた「道の駅やまくに」で。
本日の写真の豊後牛の鍬焼き定食。1000円なり。
どうも人気NO4メニューらしい。
メインの鍬焼きには生のそばと焼肉。
写真の通りで肉の量少なくない?
味は普通においしいのですが、ボリューム不足です。
やっぱりこの店では「かぶりつき定食のそば」を頼むのが正解です。
その後、家族で久しぶりに高塚愛宕地蔵にお参りに行きました。

2011.02.20 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

本日のインプラントオペは上下額同時埋入。
左下6番は非常に骨幅が狭く慎重に埋入を行いました。
右上6番は比較的イージーケースだったので1回のオペで終わらせました。
所要時間1時間ぐらい。
術後、すぐにCT撮影を行い、うまく埋入できていることを患者さんにも確認してもらいました。
患者さんも術後CT画像を見て安心されました。
午後から他の患者さんのインプラントの上部構造のセットや、型取りなど。
インプラント関連の治療が多くて、忙しかったし少々疲れました。

2011.02.18 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

大学後輩のW先生に、3月に発表予定の私のプレゼンを見てもらい感想を聞きました。
もしW先生から私のプレゼンに対してダメだしがでたらどうしよう?と少し不安でしたが
おおむねOKの回答をいただきましたので、一安心。
考えようによっては後輩のW先生にとっても先輩にあたる私のプレゼンに対してダメだしは
いくら何でもしにくいというのが本音のところでしょう。
でも、私の全く気が付かなかった細かい点にもアドバイスをもらい、すごく参考になりました。
やはりひとつのケースに対して、他の先生の意見を聞くというのは大切ですね。
改めてカンファレンスに重要性を再認識しました。
これからプレゼンにアニメーションつけて、本番ではバッチリ決めます。

2011.02.16 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

そば
今日は朝から散髪、カルテ整理、スライド作成して遅めのランチは
「道の駅やまくに」で写真のまるごと舞茸そばをいただきました。
「道の駅やまくに」の不動のNO1メニューはかぶりつき定食。
以前このブログでも紹介しましたが骨付きからあげにそば(うどん)とごはんがついた
もんです。値段の割にボリュームがあってこれもおいしいです。
今日はあえてNO2メニューのこのそばにチャレンジしました。
いつもうどんとそばを食べる時に思うのですが、中津ではうどんとそばのつゆが同じ店が多いんです。
自分としてはうどんとそばは全く別の麺であり、当然つゆも違うはず。
従ってそばには濃いつゆが絶対必要であるということです。
ここ「道の駅やまくに」はうどんとそばのつゆをちゃんと使い分けています。
まるごと舞茸そばもおいしくいただきました。

2011.02.11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

Nature1-013.jpg
高3の息子の担任の先生が書かれた文章の中に感動する一文があったのでご紹介します。
俳優の仲代達矢さんが「人生とは」とインタビュアーに尋ねられたときのこと。
ふと考えて
「人生とは失敗し、そして恥をかいて、それを乗り越えることだ。」とおっしゃったそうだ。
この言葉には凄みがある。なぜかと言うと、この台詞、もうすぐ80歳になる人が言っているのだから。
この方、要するに今でも新しいことに挑戦し、恥をかいて、それを乗り越えていらっしゃるんだということが
わかる。
私もかくありたい。
こんなくだりであった。

さて、私、4月より大分県歯科医師会の理事(医療管理担当)に就任することになりました。
これまで中津歯科医師会の理事は8年務めてまいりましたが、これから2年間は大分県歯科医師会の代表として
頑張ることを決意しました。
おそらく会務の量は今までの3倍ぐらいにはなると思います。
自分自身がしんどくなるのは百も承知しています。
しかしこの経験が自分の長い歯科医師人生にきっとプラスになると確信しております。
ここで得た経験を当院の診療、患者さんにフィードバックしたいと考えています。

会議等で診療時間が短くなり患者様にご迷惑をかけることがあると思いますが、
どうぞよろしくお願いします。

2011.02.08 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日は早起きしまして、福岡県歯科医師会会館で開催された
福岡SJCDの例会に参加してきました。
7名の先生方の発表に関して喧々諤々の討論がありました。
SJCDは若手もベテランの先生もほんとすごい。
自分の臨床はまだまだ甘い。
これが率直な実感。

「学ばない者は人のせいにする。学びつつある者は自分のせいにする。
学ぶということを知っている者は誰のせいにもしない。僕は学び続ける人間でいたい。」
これはサッカーのキングカズの言葉です。
40歳を過ぎても現役を続けている三浦知良選手の言葉だけに重みがありますよね。
年を取っても進化し続けなければいかん。
明日からまた真剣に診療に取り組みます。

弁当
今日のお弁当も豪華版でした。

2011.02.06 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ながの歯科医院 長野由子です

ビムラー装置が得意とするものに、2級症例があります。
2級と言うのは、いわゆる”出っ歯さん”です。

子供の”出っ歯さん”は、遺伝的なものもありますが、舌と唇(頬)の力のバランスが崩れているものだと考えています。
前歯が出ているので 唇がうまく閉じられません。
(ビーバーちゃんのようなお顔立ちです)

筋機能訓練!? もちろんやります
でも、うちの医院でやれるのは 来院して頂いた時だけです。
お家で毎日やって頂かないと、効果が出ません。

家事や仕事で忙しいお母さん、習い事で忙しい子供さん
効果が出るまで継続するのは、難しいです。

筋機能訓練のセミナーも受講し、ノウハウも学びました。
モチベーションを保ちつつ、いかに継続させるか・・私にそのカリスマ性はありませんでした

そこで、”ビムラー装置~”
(ドラエモンの声で読んで下さいね)

治療前
診断では上下顎前突ですが
噛み合わせが深くて、前歯が前に飛び出しています。
07200064 (2)

07200064 (1)

治療中
上下顎前突でしたので 将来的なブラケットによる抜歯治療の可能性も説明してから 治療を開始したのですが、本人もお母様も この状態で満足されているので ビムラー装置のままです。
(ブラケット治療は したくないそうです・・)

乳歯が残っているので 咬合が安定するまで まだ継続して入れてもらっています。
夜間 寝る時だけの装着ですので とっても楽です
PICT0009.jpg
PICT0010.jpg

バイト(噛み合わせ)が上がっているのが、わかって頂けますか?
(不思議でしょう? すごいでしょう!?
マニアックな域に入っていますが、現在、もう少し上げたいと 調整中です。

今だったら、まずネオキャップを入れてから治療開始するので
もっと楽に治せます・・・

2011.02.05 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ながの歯科医院 長野由子です

今日は、ビムラー矯正について説明したいと思います。

ビムラー装置とは、夜だけお口の中に入れる装置で、「取り外し式の機能的矯正装置」です。

全く自然に、誰にもきづかれずに、痛くなく、美しい歯並び、美しい笑顔を作ります。
それも夜だけはめていれば治ってしまう優れものです。

取り外し式装置の代表として、床矯正装置があります。
装置の中にあるネジを拡げる事により、歯のスペースを作っていきます。

もちろん、私もこの装置は使いますし、ケースによっては有効だと思います。
上は上、下は下、綺麗に歯が並びます。

が、床矯正を多くされている先生方はお気付きでしょうが、上下が うまくかまない事があるのです。
Deep Bite(噛み合わせの深い症例)は、いつまでたってもDeep Biteです。
咬合斜面板や咬合挙上板、工夫しても なかなか変化しません。
患者さん(子供さん)にとっても ストレスですよね。

ビムラー装置のいいところ~とにかく楽です。
子供さんも 治療する私も。

始める時期がよくて、夜中さえきちんと入れて貰えれば、不正が治り、きちんと噛んできます。
歯並びを治してくれるのは、子供さんの舌圧と頬圧、そして、このビムラー装置です。

治療前
2009_10070038.jpg

ビムラー装置で治療中
PICT0004.jpg
まだ、乳歯が残っているので しばらくはビムラー装置を入れ続けてもらいます。
側方歯も もう少しきっちり噛んでくる筈です。

このお子さんが矯正治療中だとは、誰も気付かないでしょう

2011.02.04 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |

今日はインプラントセミナーの帰りソニックの中でブログ投稿しています。
今日のセミナーのテーマはリッジエクスパンジョン。
骨幅の狭いケースへの対応策でした。
ところで最近どうもついていません。
一昨日はボーつとしていてドアに額を打ちつけ眉の上から出血しました。
今日は博多駅で大勢の人混みの中、段差につまずいて膝と手の甲を強打。
皮が剥けています。
かなり痛かったんだけど、とにかく回りにたくさん人がいたので、転んだ後も
何事もなかったようにスッと立ち上がり少し人混みを外れてから傷の具合を
確認した次第です。
星占いでは今週、ふたご座は良くないんです。
明日から2日間はおとなしく過ごします。
揺れるソニックの中でのブログ投稿。
書きにくいというか、打ちにくい。
果たして無事に投稿できているのかな?

2011.02.03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |