FC2ブログ
ながの歯科医院 長野由子です

ビムラー装置が得意とするものに、2級症例があります。
2級と言うのは、いわゆる”出っ歯さん”です。

子供の”出っ歯さん”は、遺伝的なものもありますが、舌と唇(頬)の力のバランスが崩れているものだと考えています。
前歯が出ているので 唇がうまく閉じられません。
(ビーバーちゃんのようなお顔立ちです)

筋機能訓練!? もちろんやります
でも、うちの医院でやれるのは 来院して頂いた時だけです。
お家で毎日やって頂かないと、効果が出ません。

家事や仕事で忙しいお母さん、習い事で忙しい子供さん
効果が出るまで継続するのは、難しいです。

筋機能訓練のセミナーも受講し、ノウハウも学びました。
モチベーションを保ちつつ、いかに継続させるか・・私にそのカリスマ性はありませんでした

そこで、”ビムラー装置~”
(ドラエモンの声で読んで下さいね)

治療前
診断では上下顎前突ですが
噛み合わせが深くて、前歯が前に飛び出しています。
07200064 (2)

07200064 (1)

治療中
上下顎前突でしたので 将来的なブラケットによる抜歯治療の可能性も説明してから 治療を開始したのですが、本人もお母様も この状態で満足されているので ビムラー装置のままです。
(ブラケット治療は したくないそうです・・)

乳歯が残っているので 咬合が安定するまで まだ継続して入れてもらっています。
夜間 寝る時だけの装着ですので とっても楽です
PICT0009.jpg
PICT0010.jpg

バイト(噛み合わせ)が上がっているのが、わかって頂けますか?
(不思議でしょう? すごいでしょう!?
マニアックな域に入っていますが、現在、もう少し上げたいと 調整中です。

今だったら、まずネオキャップを入れてから治療開始するので
もっと楽に治せます・・・
スポンサーサイト

2011.02.05 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |