FC2ブログ
昨晩、中津歯科医師会の例会前に「当院の歯周病への取り組み」という演題で
プレゼンさせてもらいました。
持ち時間が20分でスライド40枚。
圧倒的に時間が足りない。
話したいことの60%ぐらいしかしゃべれなかった。
プレゼンを盛り上げるための合間のギャグも考えていましたが、時間足らずですべてカット。
今回のプレゼン最後のスライドが写真の「青の洞門」
160px-Kyoshuho[1]
このスライドで私が何を訴えたかったか?
青の洞門はどうやってできたのか?
諸国遍歴の旅の途中ここに立ち寄った禅海和尚は、断崖絶壁に鎖のみで結ばれた難所で通行人が命を落とすのを見て、ここにトンネルを掘り安全な道を作ろうと、托鉢勧進によって掘削の資金を集め、石工たちを雇って「ノミと槌だけで30年かけて掘り抜いた」といわれている。
つまり毎日の診療を確実にコツコツ積み重ねることが歯科臨床においては大切である。
歯科臨床に代打逆転ホームランはありません。
毎日毎日一人一人の患者さんに対して誠意をもって向き合う。
この積み重ねが信用信頼を得る唯一の方法であることを肝に据えて、
明日からまた「青の洞門戦法」のミッションを実行します。
スポンサーサイト

2012.02.17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |