FC2ブログ
お盆休み中に投稿。
初盆参りも終わり、自宅でゆっくりしております。
ブログネタ枯れですが、大分県歯科医師会9月月報に投稿させていただいた原稿をご披露します。

役員としての抱負 
                理事(医療管理)  長野 敏朗

 今回 前期に引き続き医療管理担当理事を拝命しました長野です。
東日本大震災から2年が経過し、政権は総選挙、参議院選挙を経て民主から自公の安定政権に大きく変わりました。アベノミクス効果で株価は上昇していますが、安倍政権の目指す成長戦略が軌道に乗り、長引くデフレを脱却してこれから日本の景気が本格的に上向くかどうかは未だ不透明な情勢です。今後は消費税増税、TPPの問題など我々の業界にも直接関係ある難題も山積しています。
アメリカではベストジョブの第1位が歯科医師ですが、日本の歯科界に目を向ければ、歯科医師過剰、経営悪化、患者争奪、インプラントトラブル、歯学部劣化など負の連鎖がマスコミで報道され、私を含め会員の先生方は皆、悔しい思いをしていると思います。少しでも明るいそして誇りを持てる歯科界にしたいというのが私の願いです。
難しい時代に理事を任されその責任の重大さは十分認識していますし、自分の中にも前期にも増してやる気は満ち溢れています。
思い起こせば前期は理事として初めて経験することが多く、無我夢中あっという間の2年間でした。先の大震災を経て防災対策など、医療管理が担当する分野も広がってきていますし、何か新しい問題が起こればすぐに対応できるようにフットワークを軽くしたいと思っております。また今期は、今まで以上に会員の先生方のお役に立てるように医療管理委員会として情報発信していきたいと思っております。どうか会員の先生方のご支援とご協力をお願い申し上げます。
スポンサーサイト



2013.08.14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naganodc.blog92.fc2.com/tb.php/1238-d3af9a0e