FC2ブログ
IMG_2099.jpg
早起きして博多で開催された福岡SJCD例会に参加してきました。
本日の講師は東京でご開業の武田孝之先生。
上記タイトルの演題で5時間講演を拝聴しました。
インプラント治療は一般的には50~60歳代の患者さんに行うことが多いのですが、
人生90才時代になり、治療後30年以上先のことまで考え準備しておかなければならなく
なってきていると、講師の武田先生は言われました。
また豊富な臨床経験から、インプラント治療後のトラブルについて詳しく説明していただきました。
私自身もインプラント治療はすばらしい治療法だと思いますが、治療後長年経過すれば、御自分の歯を
含めて不具合が出てくることもあります。患者さんに良く説明して患者さんが健康に快適で
生活できるようにかかりつけ歯科医としてこれからもかかわって行きたいと改めて思いました。

スポンサーサイト



2017.11.05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naganodc.blog92.fc2.com/tb.php/1701-98fa8308