FC2ブログ
ながの歯科医院 長野敏朗です。

本日は前歯部インプラントの症例を紹介します。

左上犬歯部にインプラントを埋入し、その前方の歯をセラミッククラウンでやり変えました。

前歯のインプラントは審美性のため、オペに非常に正確さが要求されます。

ちなみにこの患者さんは、5年前に下顎に左右計5本のインプラント治療を行い、経過良好で、患者さんも大変喜んでいます。

2006-07-15-1.jpg

2006-07-15-2.jpg

スポンサーサイト



2006.07.15 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naganodc.blog92.fc2.com/tb.php/20-5979ac52