FC2ブログ
患者さんがお使いの義歯の破損は、日々の診療においてよく遭遇します。

簡単な修理はもちろんその場でするのですが、大掛りな修理、多数歯の増歯などは
型を採ってお預かりして修理する場合もあります。

私が心がけているのは、預かり修理の場合、出来るだけ早く必ず翌日には修理した義歯を患者さんに装着することです。

義歯を預かった場合、患者さんは義歯の無い状態になりますのでお食事に困ります。

だから預かり修理の場合は、技工所に無理をお願いして早急に仕上げて貰うようにしています。

昨日昼休みに、往診で義歯修理のため義歯をお預かりしました。
本日昼休みにその修理した義歯を装着しました。
2日連続で昼休みなしで体力的にはきついのですが、預かり修理に関してこの方針はずっと続けるつもりです。

スポンサーサイト

2008.01.11 | 歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naganodc.blog92.fc2.com/tb.php/309-e2b699f5