FC2ブログ
2日間連続で、大分県歯科医師会と保険医協会主催の点数改正説明会に参加してきました。
毎度のことですが、2年ごとの診療報酬改定の時期 現場の我々はドタバタします。
新しい点数、項目、名称覚えるのが大変です。
何せ前回の改定があまりにひどかったものですから、今回の改訂でそれが幾分まともになったかな?という印象です。しかしわずか0.42%のプラス改定ですから、昨今の原材料の値上げ、必要経費の増加から考えれば決して経営が楽になるわけではありません。
もう歯科の業界では共存共栄は難しい時代に突入しています。
厳しい時代に生き残るために、自院の独自性を出して患者さんに支持される魅力的な医院を作っていかなければならない。
そのためには、新しい設備投資、技術習得等のハード、患者接遇等のソフトの両面の充実をさらに進めなければならないと考えています。

スポンサーサイト



2008.03.23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naganodc.blog92.fc2.com/tb.php/348-9a7083fb