FC2ブログ
ながの歯科医院 長野由子です。

20060818-1.jpg

お盆休みに 長男(中2)と甥っ子(中1)を連れて、映画「日本沈没」を観て来ました。

20060818-2.jpg

子供の頃、テレビドラマで放映されていて(主演は村野武範)、毎週 見る度に「本当に 日本が沈没してしまったら どうしよう?」と、とても怖かった記憶があります。

結末がどうなったのかは全く覚えていないのですが、四国が一番先に沈没していったような記憶があります。

「人は死んだら どうなるのだろう?」「もし、親が死んでしまったら?」と、寝る前になると 怖くて眠れなくなる事も多々ありました。年齢的にも ちょうど多感な時期だったんでしょうね。

そういえば、超能力ブームや ノストラダムスの大予言 なんかも 同時期でしたから、同年代の方は 少なからず 影響を受けた作品ではないでしょうか?

今回の映画について、種明かしをしてしまうと、まだ観てない方に申し訳ないので 詳細は述べませんが・・・。

20060818-3.jpg
東京沈没

20060818-4.jpg
九州沈没
かなり速いペースで沈没していきます。

日本中 どんどん 沈没していきます。

こんなに早く沈没させて、あとの映画の展開は どうするんだろう? 余計な心配をしてしまいました。

映画が終わって・・・子供の頃に見たほどの 恐怖はありませんでした。

30ウン年前と比べて 科学は進歩し、色々な情報があふれています。自分も年齢も重ねてきて ちょっとやそっとでは驚かなくなりました。

映画を観る前に「怖いよ~!!」と 散々脅かしておいた長男の感想は、「スペクタクル巨編かと思っていたら、完全な ラブ・ロマンス仕立てだったね」だと・・。

今時の子供は、可愛くない~。
スポンサーサイト

2006.08.18 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://naganodc.blog92.fc2.com/tb.php/46-258c293b